高校中退で開けた他の道

高校中退で開けた他の道

高校中退でも取れる資格として以下があります。高等専門学校とは、技術を身に付けることを目的とした教育機関で、入学受験の対象は中学校を卒業している、または、卒業見込みのある人となっています。
ここを卒業すると高専卒の資格が取得できます。
高専卒の資格を得るには最短で5年、5年以上が必要とされています。

 

高卒資格とは違いますので、「とりあえず高卒資格の学歴が欲しい」という人にはお勧めできないのですが、即戦力となる技術を身に付けたい、大学や大学院への進学を考えているという人には検討できる進学先です。

 

また、高専入学後の進路については以下のような選択肢があります。
・5年課程終了後、卒業、就職
・5年課程終了後、卒業、他の大学3年次へ編入
・5年課程終了後、専攻科(2年制)へ進学
・3年課程修了後、高卒資格と同等の資格を取得し中退、他の大学を受験
ここで挙げた「高卒資格と同等」というのは、高卒の学歴を得られるという訳ではありませんのでご注意ください。

 

つまり、高専なら最短3年で高卒資格と同等の大学受験資格が取得できることになります。
ただ、大学への進学を希望しているのでしたら、必ずしも最短の3年次で中退するのではなくて、卒業後に編入という方法も検討する必要があります。

 

ちなみに、高専卒は短期大学卒と同じ扱いです。
ただ、就職活動など企業・団体によっては大学卒と同じ扱いにしているところもあります。

 

ここまで、高等専門学校を紹介してきましたが、高校中退をしてから、思い切って海外へ羽ばたいていった方もいます。
そんな方の体験談を紹介します。

 

「高校進学をしてみたものの、その後クラスに馴染めずに、毎日嫌な思いで通学していました。
クラスの多くの生徒が何となくチャラチャラしているような感じで、自分とかけ離れているように感じていたのです。
この学校はすべり留めに受けた学校でしたが、女子も男子もクラスの中での態度も悪く、友達もうまくつくることができませんでした。

 

その後、高校中退を決意してしまいました。
僕は、父親の仕事関係で、もともと幼稚園と小学校を海外で過ごしていましたから、外国の高校に入学してみたいという気持ちもありましたので、親に思い切って相談してみることにしました。
両親も結局自分の気持ちを汲んでくれて、その後、海外へ留学して高校に行くことになりました。

 

海外の高校卒業後、大学進学もアメリカでして、今大学に在学中です。
高校中退と聞けば、悪いイメージもあるけれど、どうしてもその学校に通えない事情があったりしますね。
その時は、迷わず誰かに相談して、自分の意思を固めることがいいと思います。
僕は、高校中退したことで、他の道が開けたのですから……。」